効果的な飲み方

プロポリスの主成分とは?

プロポリスの成分は、ミツバチが採取してくる植物や採取する季節などによって異なりますから、必ずしも一定しているわけではありません。
そのため、全く同じ成分といったことはないといえます。
しかし、おおよそ「樹脂・膠質が約55%」「ろう分が約30%」「油性物質が約10%」「花粉が約5%」「ミネラル約5%」といえます。

その他にも、微量成分として微量ミネラル・ビタミン類・有機酸・脂肪酸・アミノ酸エーテルなど、実にさまざまな成分が含まれています。
プロポリスに含まれているビタミン類についてはhttp://www.morgle.com/vitamin.htmlに詳しい解説サイトがあります。
その数は、現在の時点で約300種類ほどが確認されていますが、プロポリスに含まれる成分は数千を超えるとも言われ、『天然薬理物質の宝庫』と呼ばれる場合があるほど有効成分が含まれているのです。
プロポリスと同じ成分のものを人工的につくることは、ほぼ不可能といわれます。

そのような物質を、ミツバチは紀元前何千年も前から自然の営みのなかでつくってきたのです。
プロポリスは、自然からの贈り物であり自然の生薬です。
そんな貴重な成分であるプロポリスの主な成分は、ポリフェノールの一種であるフラボノイドhttp://www.pcb.jp/hurabo.htmlです。

プロポリスには、そのフラボノイドがなんと20種類以上も含まれていると言われています。
そしてその効果は、ポリフェノールが効果的だとされている赤ワインの約10倍にもおよぶそうです。
似ていると言われがちなプロポリスとローヤルゼリーの違いはこちらhttp://deco-l.jp/

このページの先頭へ