効果的な飲み方

プロポリスの摂取年齢は?

プロポリスの摂取に関係して、プロポリスの「摂取量と摂取年齢」以外には、特段の制限や留意すべきことはないようです。
これは、摂取量を誤らなければ、プロポリスは幼児から大人まで全ての年齢層で摂取できることを示しています。
プロポリスの摂取年齢があまり取りあげられないのは、プロポリスにはこれと言った「副作用」が確認されていないことによるものと思われます。
しかし、こちらhttp://www.tigrispharma.com/にも書いてあるとおり、子供が摂取する場合は十分に注意する必要があります。
また、http://deep-deep.lar.jp/04hachi.htmlにも書いてある通り、妊婦さんや授乳中のママさん達は摂取を控えたほうが良いと言われています。

ごくまれにアレルギー反応を引き起こすケースや粗悪なプロポリスによる下痢や倦怠感が起こるという事が報告されていますが、ほとんどのケースでは副作用と間違われやすい「症状の好転反応(プロポリスを体内に摂取したことでその効果が表れ、体にたまった老廃物や必要ないものを排出・解毒していることからくる症状)」のようで、これからの体が好転することの証拠、不必要なものの排除が行われている反応です。
副作用がないプロポリスですが、強い刺激がある「におい」と「辛み」のことは有名です。

これは、プロポリスはアルコール抽出されていることが一つの原因です。
プロポリスは、摂取年齢は問わない(容器に、年齢と摂取量が記載されています)とはいえ、強い刺激がある「におい」と「辛み」を考えると、幼児や子ども継続して飲み続けるのにはさまざまな工夫が必要と言えましょう。
知っておきたいプロポリスの基礎知識はこちらhttp://www.friendswood-chamber.com/をご覧になってみてください。

このページの先頭へ