効果的な飲み方

良質なプロポリスの選び方

良質なプロポリスを選びたいのであれば、世界的にも高品質として認められている「ブラジル産のプロポリス」、それも「グリーンプロポリス」とよばれるものを選ぶことです。
ブラジルのプロポリスは、ユーカリ林地帯やアレクリン自生地帯で作られています。
そこにはさまざまなバクテリアやウイルスが繁殖していますから、それらに対抗するための大変強い抗菌作用を持ったプロポリスが生成されます。

いわば、環境が悪いからこそ、それに打ち勝つための強い作用を持ったプロポリスができるというわけです。
良質なプロポリス選びの第2のポイントは、プロポリスの濃度です。
濃度は、通常、商品のパッケージに掲示されています。

濃度表示は、作為的に調整しやすいBRIX濃度(%)よりも、世界各国のプロポリス関連機関をはじめ日本プロポリス協議会が定めている、乾性エキス濃度(W/V%)で表示をしているプロポリス製品を選ぶ方をおすすめします。
なお、濃度は高ければ高いほどいいというわけではありません。
濃度が高いものがプロポリスの成分がたくさん入っているから高品質という人もいますが、飲みにくいために薄めたり体内で吸収されなかったりでは意味がありません。
飲み易く体内で吸収されやすい濃度は高くても25%までで、理想的には濃度が20~25%(W/V%)のプロポリスを選びたいものです。
また、アレルギー体質の方のプロポリス摂取は問題ないのか気になりますね。

このページの先頭へ