効果的な飲み方

プロポリスで虫歯予防

虫歯は歯垢が原因で発生します。
Streptococcus mutans(ストレプトコッカス・ミュータンス)という細菌(ミュータンス菌)が分泌するグルコシルトランスフェラーゼ(GTF)という酵素によって不溶性グルカンが作られ、そこに他の細菌が付着・定着して増殖します。

そして、24~48時間のうちに酸を生成して歯を溶かし始めます。
それが虫歯の発生です。
このGTFが働くことで歯を守るためのエナメル質を傷つけるようになるのですが、プロポリスには、このGTFを阻害する作用があるです。

歯垢のなかには虫歯の原因になる菌である「ミュータンス菌」が生息しています。
プロポリスは、抗菌作用でミュータンス菌を死滅させ、虫歯の進行を停止させるのです。
特に、ブラジル産のアルコール抽出されたプロポリスには「桂皮酸という物資」が多量に含まれており、その桂皮酸が虫歯菌に対する抗菌性が非常に高いことが明らかになっています。

プロポリスが発揮する効果はあくまでも「予防」であり「進行の停止」ですから、虫歯を治療したり虫歯で欠けた部分を修復したりするのではありません。
虫歯を治療したり修復したりするのは、歯科医院でお願いせざるを得ません。
なお、プロポリスは口臭の予防、歯周病予防、口内炎予防など、虫歯の予防だけではなく口内環境の改善に大いに効果を発揮します。
プロポリスの正しい食べ方&飲み方こちらも参考になるかと思います。

このページの先頭へ