効果的な飲み方

プロポリスの効果的な飲み方

プロポリスの効果的な飲み方として、「飲み始めに大量摂取することと良い結果をあらわすことは、無関係ではない」という医師の報告があります。
たとえば、風邪の引きはじめや喉などに炎症がみられた時に多めに(適応範囲内で)飲むと、プロポリスの抗菌作用の効果が働いて症状を抑えてくれる、ということです。
また、ガンや糖尿病などにしても、それらの症状がでたときには免疫力はもちろんのこと自然治癒力が大幅に低下しているので、免疫力や自然治癒力を高めるためにはプロポリスの摂取を始めるときの量を増やすのが効果的だといわれます。

このように、症状の出始めにプロポリスの摂取量を増やすことは効果的なケースが多いのですが、薬品ではないため、全ての疾病や症状に効果があるというわけではありません。
日常はどのような時に飲むと効果が現れやすいかというと、何回にも分け、空腹時に数滴ずつ飲むのがといいといわれていますが、一方では空腹時の摂取は避けた方がいいという考え方もあります。
食前や空腹時に飲めば、体内への吸収は早くなりますが、強すぎて胸焼けの様な症状が起こる場合があるのです。

当然のことながら、自分にあった方法で摂取することが必要です。
なお、ビタミンCを一緒に摂取すると、プロポリスの有用性がぐっと高くなります。
また、プロポリスと是非合わせてお飲み頂きたいのが、セサミンです。セサミンも美容や健康によくいま注目されています。 http://xn--vckl3i8c.biz/taiken27.htmlの記事にも詳しく書いてあるので是非ご覧ください。

このページの先頭へ