効果的な飲み方

子どもには気を付けて欲しいプロポリス

プロポリスは摂取年齢を問いませんから、子どもも摂取することができます。
しかし、いくつかの注意しなければならないことがあります。
その一つは、プロポリスは特に「植物性アレルギー」「蜂アレルギー」「喘息」に反応する可能性がありますので、アレルギーかどうかわからない子どもには、医師に相談をしてから与えるほうが無難です。

また、アルコール抽出されたプロポリスには、極微量とはいえアルコール成分が含まれていいますから、子どもの摂取前に医師に相談することをおすすめします。
もう一つの注意点は、プロポリスの摂取量をきちんと守ることです。
プロポリスは健康食品として、誰もが安心して飲めます

しかし、プロポリスには、大人にでも過多といえるほどの栄養成分などが大量に詰まっています。
これを子どもが摂取すると、エネルギー過多になる危険性があるのです。
また、気分が悪くなったり腹痛になったりすることもあります。

こうしたことのないよう、プロポリスの容器には子どもが摂取する場合の規定量が記載されていますし、「1歳以下の乳幼児の飲用は控えて下さい」といった注意書きがありますので、厳守しなければなりません。
小さな子どもでも飲むことができるプロポリスですが、子どもの摂取前に医師に相談することをおすすめします。

このページの先頭へ