膀胱炎にもプロポリス
効果的な飲み方

膀胱炎にもプロポリス

膀胱炎の原因は細菌感染です。
原因菌は大腸菌やブドウ球菌・腸球菌・プロテウスなどで、そのなかでも大腸菌が原因菌の80%前後を占めるといわれています。
これらの細菌が、尿道から膀胱に侵入してくることで起こるのです。

膀胱には細菌への抵抗力がありますが、疲労やストレスなどで体力が落ちて抵抗力が弱くなると、膀胱内の尿に少量存在している細菌に感染し易くなったり膀胱内の細菌が増殖したりすることで膀胱炎になります(特に、かかり易いのは、女性と言われています)。
この膀胱炎に対し、プロポリスが持っている体内の免疫力を高める作用が有効に働くのです。
疲労やストレスなどで体力が落ちて抵抗力が弱くなることで膀胱炎が発症することから、プロポリスを摂取することで体内の免疫力を高め膀胱炎の症状を改善させることができるといえます。

また、具体的な研究報告は目にすることはありませんが、プロポリスの抗菌作用や滅菌・除菌効果、炎症抑制作用なども、膀胱内の膀胱炎の原因菌に働きかけていることも考えられます。
なお、免疫力を高めることで症状の改善を図る方法は劇的な症状改善にはつながりませんが、体質そのものの改善を行いますから、「予防」につながるとともに、膀胱炎以外の病気や菌に対しても抵抗力を高めることができるのです。

このページの先頭へ